行政と民間の不用品回収の違いとは

他のサービスも任せてみよう

自宅を綺麗にしてもらいたい

行政は、本当に不用品を回収するだけです。
他のことは依頼できません。
しかし民間は、ハウスクリーニングをしてくれるところも多いです。
たくさん民間の業者が登場しているので、他の業者と違いを出すために、そのようなサービスを提供しています。
住宅全体を掃除してもらうこともできますし、お風呂場やキッチンなど、汚れやすい面だけ依頼することもできます。

また室内だけでなく、外壁や屋根の掃除も担当してくれます。
高いところの外壁は、自分ではなかなか掃除できないでしょう。
脚立を登って掃除するのも、怖いと思います。
不用品に掃除をして貰って、ついでに不用品も持って行ってもらえると複数の業者に連絡しなくていいので、手間を省けますね。

遺品整理を任せてみよう

故人が大事に使っていたものでも、ずっと残しておいても使い道がありません。
いくつか残して、残りは不用品回収をしてもらいましょう。
民間の業者は、遺品整理をしてくれます。
自分では、思い出が蘇ってなかなか遺品整理ができない人が見られます。
第三者に任せた方が、早く遺品整理が終了します、

民間の業者に任せる際は、何を残すのか事前に伝えてください。
伝えないと、すべて回収されてしまいます。
故人の思い出が1つもなくなってしまうのは嫌でしょうから、特に大事にしていたものを残してください。
故人が使っていた部屋をそのままにしておくと、臭いが発生することも多いです。
できれば早めに遺品整理をしてもらい、臭い対策をしてください。


この記事をシェアする