行政と民間の不用品回収の違いとは

自分に与えられる負担を知ろう

不用品を回収する場所

地域によって、行政が不用品を回収する場所が異なります。
自分が住んでいる地域の回収場所に持って行かなければ、正しく回収されないので注意してください。
万が一間違っても、気づかれなければ問題ないと考えている人はいませんか。
しかし、シールが貼ってあるのですぐに気づかれてしまいます。
手数料を支払った時に渡されるシールには、どこの地域なのか記載されています。

記載されている地域と、実際に置いてある地域が異なっていたら行政は回収してくれません。
間違えないよう、正しい場所を調べてから行政に連絡してください。
シールが剥がれていると、手数料を支払っていないと判断されます。
もう1回手数料を支払わなければいけないので、しっかり貼りましょう。

自分は何もしなくていい

大きな不用品をたくさん出す場合は、民間に任せてください。
トラックで自宅まで来てくれるので、回収場所まで持って行く手間を省くことができます。
さらに、運搬作業もスタッフがしてくれるので力に自信がない人に向いています。
スタッフは作業に慣れているので、スピーディーに終わらせてくれるでしょう。

基本的にこちらは黙って見守っているだけでいいですが、もし力に自信があるなら手伝ってもいいですね。
協力して不用品を運搬すれば、もっと早く作業が終了します。
手伝うのであれば邪魔にならないよう、スタッフに何をすればいいか聞いてください。
民間の業者には作業の順番があるので、勝手に不用品を運ぶと邪魔をしてしまう恐れがあります。


この記事をシェアする