行政と民間の不用品回収の違いとは

メリットやデメリットが違う

民間はすぐに来てくれる

急いでいる時は、民間を使うのがベストです。
連絡すれば、30分程度で自宅まで来てくれるところが多いです。
引っ越しの準備を進めていて、早く不用品を処理したい人に向いています。
回収が遅くなると、引っ越しの日まで間に合わなくなってしまうかもしれません。
特に急いでいる時は、自宅から近いところを選択しましょう。

実店舗が自宅から近いところにあれば、15分程度で来てくれます。
また、今すぐでは都合が悪い時もあるでしょう。
その場合は予約ができます。
日時を指定すれば、その時間に来てくれるので助かりますね。
確実に、自分が自宅にいる時間を考えて指定してください。
誰もいない時に民間の業者が訪れても、不用品を回収できません。

行政に連絡する際の注意点

行政は、自分が希望する日に回収してくれるわけではないことを理解してください。
不用品を回収する日時が決まっているので、行政に都合を合わせてください。
時間に余裕がある時は、行政を選択しても問題ないと思います。
しかし急いでいる時は困るので、時と場合によって行政と民間を使い分けるといいですね。

前もって、次の回収日はいつなのか調べることをおすすめします。
大掃除をしようと考えているなら、行政が回収してくれる日を目標にして、コツコツと部屋の掃除を始めるといいですね。
1か月に2回など、回収するペースは少ないです。
大掃除をしても、不用品がまだたくさん自宅に残っているとスッキリした気分にはなりません。
計画的に大掃除をしましょう。


この記事をシェアする